http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

続・スポーツクライミング日本代表選手の肖像権等の法的問題について

スポーツクライミング日本代表選手の肖像権等の法的問題について、さらに考えるため、明日のIFSCボルダリングワールドカップ八王子2017の主催団体とスポンサー確認してみました。


主催


国際スポーツクライミング連盟


公益社団法⼈⽇本⼭岳・スポーツクライミング協会



主管


公益社団法⼈東京都⼭岳連盟



企画・運営


BWC2017 実⾏委員会



パートナー 


FORCE 


KAILAS 


ENTER PRISES


協賛


KDDI株式会社 


三井不動産株式会社 


オリエンタルバイオ株式会社 


牛乳石鹸共進社株式会社



オフィシャルマーケティングパートナー


株式会社博報堂DYメディアパートナーズ



このうち、三井不動産株式会社は2020オリンピックのゴールドパートナーです。同社が負担するオリンピックのゴールドパートナースポンサー金額は年間25~30億円と言われています。



意外に選手にやさしい日本山岳協会の登録選手規定


次に、選手の肖像権の管理についての規定の仕方がどうなっているのか、確認するために、公益社団法人日本山岳協会の登録選手規定を見てみました。


http://www.jma-sangaku.or.jp/sports/?ca=19



見つけたのは8条(商業行為等)です。こうあります。


「登録選手は自らの責任において,次の各項の商業行為その他これに関連する行為を行うことができる。」。


そして3項にこうあります。

3 競技用衣服若しくは用具に対してJWA,UIAA,IFSC,ISMF、又は日山協が許可した社名,商標,社章あるいは所属クラブ名以外の広告物を付して 競技をすること。


というわけで、この規定に照らし合わせると、個人スポンサーのロゴを付けても問題ないんではないでしょうか?


うーむ。なぜ紛争になっているのかよくわからなくなってきました。


もしかすると、この規定は理事会が改廃できる(第13条 本規程の改廃は、理事会の議を経て行う)となってますから、既に改定されて、野球やサッカーのように、選手は肖像権の管理を協会等に委任するという規定に変わったんでしょうか?


でも、もしそうなら、新しい規定がアップされているはずですが、見つかりませんでした。


さらに言うと、 もともと選手に帰属している肖像権(正確にはパプリシティ権?)は、選手の同意なしには管理することも譲渡することも不可能ですから、理事会で勝手に変えても無意味ですけど。


そもそも、今回、いったい、どんな書面が選手に届いたんでしょうかね?


すごく気になるところです


オリンピックでさえ、個人スポンサーのロゴOK、いわんやW杯をや

次は、「スポーツ法務の最前線」に興味深い記載があったので、ご紹介します。


「オリンピックに参加するにあたって、アスリートは、エリジビティコードというアスリートに課せられる規則(オリンピック期間中、肖像権をIOCに預託するなど)の遵守を誓約することが求められる。このコードによれば、たとえば、アスリートがオリンピックで着用するユニフォームに掲載できる個人スポンサーのロゴの大きさがきめられている。競技ウェアに掲示する大きさは20平方センチメートル以内にすること、帽子に掲示する大きさは6平方センチメートル以内にすることなどの制限も含まれている」(p.49)


というわけで、たぶんW杯にくらべて莫大なお金が動くオリンピックでさえ、規定内の面積なら ユニフォームや帽子に 個人スポンサーのロゴの掲示OKってことにして、選手の個人スポンサーに一定の配慮をしているってことですから、今回の「スポンサー以外のロゴは全部NG」という要求は合理的とはいえないように思います。



以上をまとめるとこんな感じです。


1.協会の規定は、サッカーや野球とは異なり、選手ファーストになっている


2.選手の承諾をゲットし、理事会で改訂されて、肖像権を協会が管理するようになっていなさそう


3.オリンピックでさえ、個人スポンサーのロゴの掲示OK


ですから、三井不動産がオリンピックに対するスポンサー料よりも高額のお金(年間30億円以上)を協会に支払って頂いているというのであればともかくも、そうでなければ、いったいどこでから、「チョークバックやユニフォームにこれまで応援してくれたスポンサーのロゴをつけるな」という大人げない話が出てきたのか、理解に苦しむところです。


もし規定の改定もなく(改定が理事会の決議だけで決めてしまえるという手続きの問題点は目をつぶるとしても)、本来は選手に帰属する肖像権を、選手の承諾も得ずに、今後は協会が管理すると勝手に決めて、その上でこれまた勝手に契約して「もう契約しちゃったから黙って従いなさい」じゃあ、ブラックなお話と言わざるをえないのでは...


もし、こんなんじゃあ、グッド・ガバナンスを要求される公益社団法人として失格じゃないんですかって言われたら、反論は難しいと思います。


公益社団法人にはグッド・ガバナンスが要請される


最後に、公益社団法人にはグッド・ガバナンスが要請されるわけですが、「スポーツ法務の最前線」には、スポーツ団体のあるべきガバナンスとして4つの理念をあげています。そのうちの3つを紹介して、本稿を終わりにします。



1,民主的な組織・制度の構築、民主的な運営


 「一部の者の専制」はダメです。「広く構成員の意見を聞き、議論を重ね、意見を集約して意思決定や運営を行って」ゆかねばいけません。


2.法の支配の確立


「スポーツ団体に自治が認められるとしても、無制約に認められるわけではなく、法の支配に服し」ます。選手の「基本的人権は尊重されなければならない」のです。肖像権/パブリシティ権は選手の人格権です。勝手に譲渡したり、管理できるはずはありません。


3.透明性・説明責任


「閉鎖的な団体は腐敗を生みやすい」ので開放的な団体でなければなりません。透明性を確保し、説明責任を果たしてゆかねばなりまん。


みんなでがんばりましょう。

  1. 2017/05/04(木) 22:31:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017.5/4-5/7の自由人の利用について

2017.5/4-5/7、ビジター利用可能時間は以下です。
なお、年会員と月会員が自主利用OKなのはこれまで通りです。

5/4    OPEN 13時頃-19時頃
5/5 Close

5/6 Close

5/7    OPEN13時頃-19時頃

よろしくお願いします。

  1. 2017/05/04(木) 14:44:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポーツクライミング日本代表選手の肖像権等の法的問題について

今日知ったクライミングの日本代表選手の肖像権等の法的問題を調べてみました。拙速でも書いた方がよさそうなので書いてみます。間違ってたら教えてください。

なお、今日知ったクライミングの代表選手問題とはこれです(ここもオリジナルも公開モードでしたので御紹介します)。
https://www.facebook.com/ozawashinta1006/posts/1233926410053503?pnref=story


アンブッシュ・マーケティング問題 

問題のひとつは、アンブッシュ・マーケティング問題です。ざっくりいうと、スポンサーは多額のスポンサーを支払っている。スポンサー料を支払いもせずに、便乗して稼ぐのは許さない、というやつです。

アンブッシュ・マーケティングにはいくつかの類型があります。今回の個人スポンサーのロゴをチョークバックにつけるのは、大会のスポンサーではないのに会場で広告物の提出をおこなうという類型にあてはまると協会側は主張したいのだと思います。

この有名な例としては、バルセロナオリンピックで公式スポンサーではないナイキが、バスケットの出場選手のマイケルジョーダンと個別契約を結んで、彼を起用したCMをオリンピック開催中に放映し続けたというのがあります。

それはさておき

主催者はコンペで個人スポンサーのロゴはNGと言えるでしょうか? コンペ会場は、主催者が会場を借りることで施設管理権をゲットできますから、この管理権に基づいて、個人スポンサーのロゴはNGと言えそうな気がします。

もし無視してロゴをつけて出場したら、民法709条の問題になりそうです。(もし、選手が個人スポンサーのロゴはつけないという契約を主催者と交わしていたら、民法 415条の債務不履行責任の問題になるでしょう。)

あと、協会からなんらかの制裁処分を課せられる可能性が高いことも考慮しておく必要があります。


肖像権問題

選手側から以下の主張がなされました。

「選手の合意なしに、肖像権やその他の権利を勝手に売却した行為は許せるものではありません」

「選手の肖像利用は協会のオフィシャルスポンサーのみに限定し、個人スポンサーがお金払ってでも肖像利用するという権利さえも認めない」

まず、肖像権は人格権に由来する権利なので、選手個人のものです。ですから、「選手の合意なしに、肖像権やその他の権利を勝手に売却」できません。正確に言うと、選手の合意があっても譲渡可能かどうかもまだ定まっていません。

ただ、その管理を委託しちゃうと、「売却」に近い感じになります。例えば、プロ野球選手は、球団との統一契約書にサインしちゃってますから、その16条を承諾したことになってしまいます。16条にこうあります。

「選手はこのような写真出演等にかんする肖像権、著作権等のすべてが球団に属し、また球団が宣伝目的のためにいかなる方法でそれらを利用しても、異議を申し立てないことを承認する。」

これだと、「ゲームに関する肖像等の利用を一社だけに独占させるな」「宣伝目的のためなら、どう利用してもOKと言ったけど、ゲームをつくるのは宣伝ではなくて商品化だ。つまり宣伝じゃない。宣伝じゃない商品化まではOKとは言っていない」と主張しても、商品化も宣伝の一種だと反論されると厳しいです。

実際、最高裁は球団側を勝たせました。

というわけで、もし代表選手が協会と16条のような条項のある契約書に既にサインをしていたら、かなりマズイことになります。

ぼくなら、サインを求められても保留するでしょう。個人的には、肖像権はもともと選手の権利ですから、協会に管理を委ねる義務は微塵もないと思います。 選手各自、選手のマネージメント会社、あるいは、選手会で管理すれば良いのではないでしょうか。 実際、大リーグでは選手会が選手の肖像権を管理しているようです。

「よくわかんなかったけど、もうサインしちゃった」場合も希望はあります。相手側は、キチンと説明する義務があります。それを怠ったと主張して、契約を無効に持ち込む事も不可能ではありません。

なんにしても、かなり専門的な話なので、協会との契約がまだであれば、その契約書を弁護士にチェックしてもらう必要があります。契約時に弁護士に同行してもらう、あるいは契約の代理人になってもらうという手もあります。

弁護士に相談するのがベスト

いっそ選手会でこの件を弁護士に委任して、選手側の要望を契約条項に入れる交渉をしてもらえばよいのではないでしょうか。弁護士報酬そんなに高くないと思いますし、カンパを募ればすぐに集まると思います。もちろん、ぼくもカンパします。

選手は競技に集中してほしいです。


以下、参考url:です。

日本プロ野球選手会公式HPの肖像権問題

http://jpbpa.net/reform/portrait.html

プロ野球選手の肖像権、最高裁も球団管理認める 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1601R_W0A610C1000000/

Rockclimbing連載中のフリークライマー合田弁護士による「アスリート(スポーツ選手)を全面的にサポートするための法律事務所」

http://www.gohda-law.com/

今月でた「スポーツ法律相談」改訂版。これは読んだ方が良い。ぼくも 買わねば。

http://www.seirin.co.jp/book/01708.html

「標準テキスト スポーツ法学」

http://www.eidell.co.jp/book/?p=5031

  1. 2017/05/04(木) 00:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5/5 笠置山クライミングエリアで第2回フリマ開催

5/5 、笠置山クライミングエリアで、今年2回目のフリーマーケットが開催されます。


以下、当日の予定等について箇条書きでお知らせ致します。

 1.開催時間は10時頃~16時頃とザックリした感じです。
 2.ブース出店の場所は電波塔そばの笠置山キャンプサイトです(里エリアではありません)。
 3.ブース出店は以下です。

(1)イボルブジャパン
・アウトレットを中心に。

・シューズ張替えの受付あり。よって、送料が節約できますし、文章では伝えにくい内容もフェイスto
フェイスで確実に伝えられます。

 

(2)tete climbing 
・チョークバック・Tシャツ・ステテコ・ヘアバンドなど  

 

(3)ボンクラージュ 
・アグロ US.6.5~US9 (US8なし)即売
 ・話題のRockclimbing 002及び001(数に限りがあります)
 ・岩と雪、CJ、ロクスノバックナンバー( 岩と雪72あり)
 ・クライミング関係書籍(ビヨンドリスク、イラストクライミング等) 


 

(4)エクルベージ
・ハリボテ、ハンモックなど 
・ ハリボテは注文も受け付けます。実績は、ピナクル2、ボンクラージュ、Dioなど。通常のメーカーさんより相当リーズナブルです。

 
 

4.一般出店(写真参照、ただし、あくまでイメージです)
 ・イボルブ代表 
・ボンクラージュ代表
 ・tete

 
 

 

5.一般出店は、今回もまだ申し込みがありません。今回はアウトドアグッズでなくてもよいので、どうかご検討ください。当日、飛び入り参加、1点のみでもOKです。よろしくお願いいたします。

 以上
  1. 2017/05/02(火) 15:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッション「岩と雪&クライミングジャーナルをボンクラに」達成!

ミッション「岩と雪&クライミングジャーナルをボンクラに」達成! 
恵那のジム・ボンクラージュに『岩と雪(RS)』『クライミングジャーナル(CJ)』『フリーファン』の全巻を揃える計画を4月2日に発表するや否や、「CJ全巻と RS が複数册あるので、寄贈しても良い」というメールを拝受しました。
もちろん、その日に、受け取りに参りました。御寄贈いただいたのは、CJのほぼ全巻と若干どころではない100冊以上のRSでした。
CJ不足分は買い集めたCJ在庫にありましたので、2つのミッションのうちの1つはあっという間に達成できでしまいました。
RSの方はもう少し時間がかかりましたが、ヤフオク等で既に収集したストック、先日に格段の値段で譲渡していただいたRS、そして、軟弱古書店さんをはじめとする古本屋さんへの注文で無事に入手できました。あとは、No.12と14の到着を待つばかりです。
こんなに早くミッションが達成できるとは想像もしていませんでした。ひとえに4月2日に寄贈を申し出て抱いたIさんのご高配の賜物と深く感謝しております。この場を借りてもう一度感謝致させていただきます。ありがとう御座いました。

ミッションが終了した今、ぼくの手元にはヤフオクや古書店から入手したCJとRSが200冊くらい残りました。さすがに、もうワンセット揃えるというモチベーションはないので、これらとぼくが昔に自分で買った分やら岳人やら諸々をヤフオクなどで放出し、ボンクラージュ・クライミング図書館化のための軍資金にしようと思います(ご好意で安く譲って頂いた分と寄贈分はリリースしません)。

ヤフオクはハンドルネームにする可能性もありますが、今のところ実名somiyaseiyuでやってます。興味のある方は、岩と雪、クライミングジャーナルなどで検索してくださいませ。どうかよろしくお願い致します。

なお、ボンクラージュに揃えたい書籍はとりあえず以下です(写真にあるように、ぼく自身は全部あるんですが、手元に置いておきたいので)。
・『フリークライミング上達法』
・『生と死の分岐点』
・『続・ 生と死の分岐点』
・『ジョン・ギルのスーパー・ボルダリング』
・『パフォーマンス・ロック・クライミング』
・『クライマーズ・ボディ』
・『我々はいかに「石」にかじりついてきたか 日本フリークライミング小史』
・『風雪のビバーク』
・『ビッグ・ウォール・クライミング その歴史・技術・用具』
・『ロイヤル・ロピンスのクリーン・クライミング入門』
・『野性のうたがきこえる』
・『墜落のしかた教えます』
・『目で見る日本登山史』
お金に糸目をつけなければ大半はアマゾンで入手可能です。しかし、例えば、 ジョンギルの『スーパー・ボルダリング』が3万5000円、 『フリークライミング上達法』が1万3000円というのは少し高すぎるように思いますから、ヤフオク、メルカリ、口コミなどで地道に集めたいと思います。例えば、昨日、 『パフォーマンス・ロック・クライミング』を1500円でゲットしました。

もし上記の書籍や他のクライミング関係書籍について(若い人に読んでもらえるなら寄贈しても良い)という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださるようお願い致します。
お気持ちがかわらないうちに受け取りに参上するか、着払いで送っていただくようリクエストさせて頂きます。なにしろ、数日前に、山の友人にギュリッヒの本の話をしたら、最初は「譲ってもいいよ」という感じだったんですが、ヤフオクで1万円以上で出品していると話したら、寄贈する気持ちをなくしたようでしたので(笑)

他方、ぼく個人は:
①『フリーファン』連載の「日本自由登攀史」に文献としてあげられていた古い『岳人』を集め始めました。かなり揃いましたが、『岳人』No.157がまだ入手できません。
②自由登攀(フリークライミング)についてもう一度考えてみようと、リンヒル、モファット、ロイヤルロビンスらの原著や『Mountain』、『Rock &I ce』、『Climbing』、 そして、『AAC』のバックナンバーを集め始めました(「必ず原著にあたれ」は研究者村の基本中の基本の掟なので、孫引きにするわけにはいかないのです)。
今年度はクライミングの実践だけではなく、論文「自由登攀考」の投稿を目指し、ボチボチ、がんばりたいと思います、視知覚論文や司法試験どうしようと悩みつつ(笑)
  1. 2017/04/13(木) 11:40:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad