http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

古美山ティックマーク事件について(3)

ロビンス先生、ジョンギル先生を紹介した以上、この方を紹介しないわけにはゆきません。フランスのフリークライミングの父・ドロワイエ先生です。
 
なぜ フランスのフリークライミングの父なのか。それは以下の論考にあります。ニコラス・オコネル著『ビヨンドリスク』(山と渓谷社,1996)から引用します(下線はぼく)。

 
新しい考えは、初めは必ず批判の対象となる  

「フリー・クライム」とされているルートでクライマーがピトンをレスティングやフットホールドに使っているのは普通に見られる光景だ。人によっては習慣的なことになってしまっていて、疑問すらさしはさまない。そして一種の救命ブイと化したピトンで確保された地点の間をすばやく動くのが「フリー」・ルートの登攀である。現在、私たちはこのようなクライミングは、次の定義が明示しているような本当の「フリークライミング」とは考えられないことを理解すべきである。すなわち「フリー・クライミングとはクライマーが自然の凹凸のみを利用してすすむクライミングである」。したがってピトン、クサビ、ロープ・スリングなどの人工的エイドは安全と危険予防のためだけに使われなければならない」(ジャン=クロード・ドロワイエ)

 
 

さて1970年代当時の登山界はこの意見にどう反応したでしょうか?
 「そりゃそうだ」と拍手を持って歓迎したでしょうか? 

『ビヨンドリスク』の著者ニコラス・オコネルはこうつづります。 

「1970年代半ばに彼がこの考えをフランスに導入した当時は手袋を投げて登山界に挑戦したようなものであった。何年もの間、ヨーロッパ大陸のクライマーたちはピトン、ロープ、ボルと、カラビナなどにつかまったり引っかけたりしてよじ登っていた。こうした人工的エイドの使用を避け、岩の自然の凹凸だけを利用して登ろうという彼の提案を待ち構えていたのは、まさに衝撃、激昂、あからさまな敵意以外のなにものでもなかった」 

まとめると、(ピトンやボルトつかんだり、のるのはやめて岩の自然の凹凸だけで登りましょうよ、先輩)と提案したら、「黙れ、若僧!ピトンやボルトつかんでもフリーなんだよ!これが俺たちの伝統だ!」と先輩達にボコボコにされたということです。

上記の話は、にわかには信じられないかもしれません。
しかし、ぼくも、約30年前、新人のとき、こんなふうに先輩に指導されました。確か、滝谷の夏合宿です。 

「宗宮君。大事なのはスピードと落ちないことだからね。あるものは全部使いなさい。つまり、ハーケンにのり、ボルトにカラビナをかけてつかんで登ってきたまえ。最近、御在所では、岩の凹凸だけで登るのがはやり出しているようだが、あれはあくまでゲレンデ(本番のための練習場)の話。今日は本番だからね。」 

以上から学べることの一つは、現時点ではクライミングコミュニティの共通認識となっているルールやマナーも、そのすべてが永久に絶対不変というわけではなく、時代の流れと共に変化する部分もあるし、場合によっては放棄されてしまうこともあるということです。 

ある思想が伝統としてクライミングコミュニティ内に定着するためには、次の世代、そのまた次の世代のクライマーによっても尊重に値する思想だと認識され、大切に受け継がれてゆく必要があるわけです。

ニコラス・オコネル著『ビヨンドリスク』(山と渓谷社,1996)は、他にも興味深い意見が満載です。もし古本屋さんやネットで見かけて、定価かそれ以下だったら、絶対に買いです。

 閑話休題 

チョークと松ヤニついては、ドロワイエ先生はジョンギル先生とは異なった考えをお持ちのようでした。なぜなら、こうおっしっゃているからです。以下『ビヨンドリスク』より引用します。

 
「ブローは樹脂の使用が伝統だ」 ジャン=クロード・ドロワイエ 

16507939_605219126341305_1977640273544204604_n.jpg 


 
ドロワイエ先生:「私は岩を尊重するようにしてきました。ですからチョークを使うのにも気をつけています。とても暑い日は、チョークをたくさん使ってやたらに跡を残すより、(涼しくなるまで)一日待つほうをえらびます。崖の岩場ではチョークを使うためホールドがべとべとになっているところがあります。」 
インタビュアー: 「でもチョークは使うでしょう。」 
ドロワイエ先生:「使いますよ。でも気をつけてつかっています。フォンテヌブローではぜんぜん使いません。あそこでチョークを使うのは問題です。フォンテヌローの砂岩は摩擦が十分あるし、チョークは岩をべとべとにすることがあります。フォンテヌプローでは伝統的に樹脂を使います。樹脂なら跡は残らないし、問題は生じません」 

この「フォンテヌローでは伝統的に樹脂を使います」については、ぼくも、昔、「ブローでは、布製の大きなてるてる坊主みたいなやつ使ってたよ。頭の部分に樹脂、たぶん松ヤニが入れてあって、その頭の部分でホールドをたたいてた」と聞きましたが、その後、揺らぎがみられるようです。
例えば、2001年冬のロクスノ記事「ボルト撤去問題をめぐるいくつかの問題」にはこうあります。 

「室井 フォンテヌローではプラスチックの歯ブラシはだめと言われましたよ。豚毛を使えって。感心しました。 
小山田 チョークもだめなんですか 
室井 今はつかってるみたいですね。 
平山 オレが行った89年ころはチョークはだめって言われたな。 
草野 サーキットとかやっている人は使わないよね。伝統に従って。でも最近のハードルートやる人間は使ってるみたいね。まあ岩質の問題は大きいよね。それによって岩場のルールも違ってくる。だからそういうことも新しいクライマーは知識として知っとかなきゃ。(Rock & Snow No.14, 2001 )

 このロクスノ座談会は15年前のものですから、フォンテヌローのチョーク事情、今は更に変化しているかもしれません。
もしかしたら、「ここではチョークは使うな。松ヤニを使え」という世代と「松ヤニはルートを破壊するから使うべきではない。チョークを使うべきだ」という世代の間で、論争が発生したことがあったかも知れません、古美山のティックマーク事件をきっかけに、以下のような様々な意見が湧きあがったように。 

「そもそもチョークは使うべきではない」 
「チョークはいいけど、ティックマークはだめだ、オンサイトトライの迷惑になる」 
「 ちゃんと消すからいいんだよ、チョークもティックも許される」 
「消すから大丈夫って言ってるけど、実際は、ぜんぜん消えてないよ」 
「ティックマークなんかつけたら、手を飛ばすとこがわかっちゃってぜんぜん面白くないじゃないですか」 
「とにかく松ヤニはやめて欲しい。松ヤニとチョークが合体すると除去できなくなる」 
「PD9なら跡が残らない」 
「PD9は止まりすぎる」and so on.... 

なお、古美山のティックマークは先週見てきましたが、普通のチョークではなさそうです。消すのかなりたいへんそうです。
  1. 2017/02/23(木) 11:24:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mossのタープとテント

クローゼットからモスのタープをひっぱりだしました。30年近く前、カナダから通販で購入して、そのまま一度も開けずに、ほったらかしにしてあったやつです。  
 
 

あんのじょう、モス宿命の加水分解でねちゃねちゃ。匂いも激しいです。ねちゃねちゃを引っ張って剥がして広げてみると七角形をしていました。付属品はポールが2本とペグが8本。説明書はありません。 
 

これは、たぶん、テントウィングだと思うのですが、ネット調べると、テントウィングはポール1本のようです。 

うーん、よくわからない。で、SORAさんで聞いた情報を頼りに、実際に、Mossのテントと一緒に、張ってみました。
結果は、ポールは1本だけでもいけましたが、2本使った方が、よりシルエットがきれいになるようです。

 
 

 

ドローコードがのびのび、未使用なのに一部変色、なぞの緑色の二重円2つと悲しい点もありましたが、そのシルエットはさすがモスでした。

 
 

ところで、タープと一緒に張った、このMossのテント、品名はオリンピックなのでしょうか? 



というのは、オリンピックと思っていたんですが、張ってみるとネットで検索したオリンピックとはフライシートがかなり違うのです。

 

こちらは、タープより、数年前に購入したものです。小川山で使っていました。品名も品番もすっかり忘れました。購入先はたぶんカナダです。 

どなたか、このテントとタープの品名、ご存知でしたら教えて頂けると、喜びます。

 モスは、他に19フィートのパラウィングとリトルデッィパーを持っています。
しかし、19フィートのパラウィングはポールの一本が、数年前から行方不明です。リトルデッィパーは、10年くらい前にポールが一本折れ、張れなくなってしまいました。もちろん、どちらも加水分解は進行中です。 

うーむ。今年の夏までには、以下の点をなんとかしないと、粗大ゴミで廃棄させられてしまいそう。
マズイ!! 

・19フィートのパラウィングのポールを探す。 
・リトルデッィパーのポール修理 
・オリンピック?のフライシートの破れ 
・オリンピック?とタープのポールのショックコードの修理
 ・すべてのフライシートとタープの加水分解とモス臭の改善 

がんばらねば
  1. 2017/02/21(火) 16:41:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古美山・ティックマーク事件について(2)」

「古美山・ティックマーク事件について(1)」で、フリークライミングにチョークが使われはじめた時に、クライミング界の重鎮の間から批判が発生し、ボルダリングの父・ジョン・ギル先生が釈明をしなければならない状況があったほどだ、と書きました。


しかし、今、岩場で登っているクライマーのほとんどはジムでクライミングを開始したはずです。チョーク禁止というジムは絶滅したと思いますから、そういうクライマーにとって、クライミングとチョークの関係は、体操とチョーク、野球とロジンバックと同じはずです。つまり、フリークライミングで滑り止めにチョークを使うことは、普通のことだと思います。


そこに、いきなり、「そもそもチョークの使用がけしからん!! フリークライミングの原則違反だ!! ティックマークは論外だ!!」って、上から目線で説教されても、「意味わかんないですけど」とならざるをえません。


そこで、今日は、クリーンクライミングの父・ロイヤルロビンス先生が、どういう場合に、どういう理由でチョーク使用はけしんらん、とおっしゃったのか。この批判に対して、ジョンギル先生が、どう釈明したのか、このあたりを紹介しようと思います。


FullSizeRender (3) 

まず、ロイヤルロビンス先生です。


ニー・バット、テーピング、チョークやトポはNGだ 初登者が使っていない時は


「クライミングの分野における科学技術の発達は、福音であると同時に、のろうべきことでもある。そのおかげで可能性の限界が広がったとはいうものの、それだけ冒険的要素が失われてしまったからだ。・・・ゲームというものは制限があってこそ面白いものだけにやたらな可能性に歯止めをかける意味で、科学技術を取り入れるにあたっては、選択が必要なことも事実である。・・・新たな用具が開発されているだけに、われわれとしてはそのたびに、はたしてそれを用いるべきか、また用いるとしてもどのような状況下で用いるべきかについて、常に決断をせまられている。

創始者が創り上げたものをできるだけそのまま体験することが目的であれば、創始者と同じ限定された手段で課題に取り組むのが本筋だろう。・・・初登者が何も用いないで登った広いクラックに大きなチョックを用いるのも同罪である。このように、その他程度の差こそあれ、ニー・バットを用いたり、手にテープを巻いたり、チョークやトポ、リベット、吸着カップまで用いるにいたっては、何をか言わんやだ。」(ロイヤルロビンス, 1973)


というわけで、初登尊重原則論の創始者の一人であるロビンス先生は、初登者が用いなかった場合、フレンズ、テービングテープ、ニー・バットの使用にダメだしをされています。加えてトポでさえNGとのことです。Youtubeなんてとんでもないということになるでしょう。


次は、ジョンギル先生の釈明です。


「ボルダリングにおける人工的手段についてはどう思いますか? たとえば靴につける松ヤニの粉とか・・・」とインタビュアー(パット・アメント)に聞かれ、ギル先生はこう応えます。


IMG_6331.jpg 


いささか責任を感じるが、少なくともボルダーでのチョークは許される

「議論の種の一つにーあらゆる場所で問題になっているわけじゃないが、山岳雑誌などでよく目にするだろーチョークの使用がある。これについてはぼくもいささか責任を感じている。というのは、たぶんクライミングにチョークを使ったのはぼくが最初だから。1950年代末に、体操用のやつを使ったんだ。


伝統主義のクライマーがチョークの使用に反対する気持ちはわかる。そういう人達は、昔の連中のように、山へ行ってロマンチックな冒険を味わいたいんだ。しかし、そういう彼らも今ではガイドブックをもっており、そこにはグレードや携行すべきナッツのサイズが書いてある。まあ、それでもぼくは彼らの気持ちは理解できるがね。ぼくは今でもチョークを使っているし、おそらく今後も使うだろう。なぜなら、ボルダーでチョークを使うのはなんら悪いこととは思わないからだ。


ところで今、靴に松ヤニをつけるクライマーがいると言ったね? それはまったくの話、ルートを破壊することになるよ、ある意味でね、どんなクライミングの分野にしても、松ヤニの使用は非常にまずい、チョークは簡単に洗い流せるし、柔らかいワイヤーブラシでこすり落とせる。たしかにときどき汚く見えることはあるが、それにしたってまあ、たいしたことじゃない」(ジョンギル, 1977)


上記は約40年前のお話です。さて、みなさんはどう思われますか?


なお、最後の「ワイヤーブラシ」は「豚毛ブラシ/ナイロンブラシ」の打ち間違いではありません。念のため。

  1. 2017/02/20(月) 09:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッション・「岩と雪」No.1-169+山岳年鑑'86-'95達成 求む、幻の170号

2017.2.13、とある方のご厚意により、『岩と雪』のバックナンバーの最後の2つのピースNo.88と95が我が家に到達しました。つまり、『岩と雪』No.1からNo.169号と山岳年鑑'86-'95のすべてが揃ったのです。

で、この日は、一日中、何度もながめては、ひとりでニヤニヤしていました。

No.70より前の岩雪。実は、あまり興味がありませんでした。しかし、先月発売の『岩と雪』 Best Selectionを読み出して気が変わりました、これは全巻集めるしかないと。

で、さっそく、購入を逡巡していた古書店さんから、岩と雪 9号〜99号(20冊欠)71冊セットを購入し、足りないものを他の古書店さんを探して補充して行きました。中でも、軟弱古書店さんは、HP掲載号以外にも在庫があり、かつ、良心的なお値段でたいへんありがたかったです。

収集開始約一ヶ月後、最後の2冊を受け取った時の感覚は、数シーズンを費やした積年の課題をRPして、終了点にクリップした時と同じものでした。文献マニア(オタク?)としては、まさに男子の本懐です。ありがとう御座いました。幾重にも感謝致します。


IMG_6278.jpg 


一昨日は『岩と雪』全巻ゲット記念に『Rock & Snow』No.1-No.74、『クライミングジャーナル』No.1-No.53、『ランナウト』No.0-No.6を一緒に並べ、記念撮影をして、また、ニヤニヤしなおし、同時に、 非売品『岩と雪』170号とフリーファン全巻ケットへの意欲を新たにしました。こうなると、マニアというより、もはや、ザ・オタクな感じですが。笑。

もちろん、当該文献マニアとしては、集めるだけでは満足出来ません。暇を見つけて、上記文献の主要記事目録を作ろうと思います。目録を見て、読みたい記事を見つけた方は遠慮なくご連絡下さい。

なお、収集過程の諸事情&もともと複数冊所有により、 ぼくの本棚には『岩と雪』バックナンバーに余剰が発生しています。これらは、なんらかの方法で、読みたい方に届けてゆきたいと思います。

今夜も、さっそくNo.124のリクエストがあり、先日、彼から拝受した『我々はいかに「石に」かじりついてきたか』のお礼に複数冊あるNo.124の1冊を贈呈することになりました。この態様はぼくの思い描く理想のスタイルです。

クライミング関係書籍は、今後も集め、読みたい方が読めるような工夫をしたいと思います(例えば、クライミング関係書籍ならすべて読める、岩場の近くの珈琲の美味しいカフェや恵那のボンクラージュの山岳関係図書館化など)ので、もしご不要の関係書籍がありましたら、ぜひ譲って頂ければ、と思います。

思いのほか難航しているフリーファンも、最近、提供のお申し出を拝受し、欣喜雀躍しているところです。全巻ゲットの暁にはまたご報告します。

本日記の最後に、もう一度感謝申し上げます。ミッション・『岩と雪』全巻取得は、皆様の御協力なくしては不可能だったと思います。ありがとう御座いました。

2017.2.17
宗宮誠祐拝

  1. 2017/02/17(金) 11:55:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトドアグッズのフリマ開催 3/12(日) 笠置山

アウトドアグッズのフリマ開催のお知らせです。

笠置クライミングクラブ(KCC)は、笠置山クライミング協会との共催で、2017年3月12日(日)、里エリアで、第1回アウトドアグッズのフリーマーケットを実施することになりました。

使わなくなったギア、おうちに眠っていませんか? 
よろしければ、クライミングの合間に、ぜひ出店してください。
出店時間は一時間だけでもOKです。

リーズナブルにゲットしたいギアありませんか? 
よろしければ、クライミングの合間に、ぜひのぞいてみてください。 

フリーマーケットのための掲示板も設置しました。
http://climbingfleamarket.blog.fc2.com/
出品するギアや出品してほしいギアが書き込めます。
こちらも、ぜひごらんください。

協力メーカーさんも募集しています。シューズ試し履き会や新製品のデモなどいかがでしょうか?ご検討どうかよろしくお願いします。

初めての試みですので、至らないところが多々あろうかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。 3月12日里エリアでお会いできたら嬉しいです。

IMG_3834.jpg 

【実施概要】  
 ■日時 2017年3月12日(日)10時頃-16時頃 悪天時3/19に順延 
 ■場所 里エリア及び里エリア駐車場  
 ■主催 笠置山クライミング協会 KCC
 ■協力 イボルブジャパン、tete、KCC、ボンクラージュ(2/14現在)
 ■出品グッズ 原則クライミングに関係するアウトドアグッズ

【募集概要】 
(1)一般出店者(テント使用不可、1.5m四方程度で里エリア内に出店)  
 ■参加資格: 本フリマ実施要項に同意し、事前に出店を届け出た方 
 ■出店料: 無料(クライミングする方は通常の入山料が必要です)  
 ■定員: なし
 ■申し込み期間: 2017年2月14日(火)〜 2017年3月5日(日)  
 ■申込み方法: 
  ・下記アドレスに直接に届け出 
・笠置山fbページで届け出
  ・笠置クライミングクラブオフィシャルサイトのお申込みフォームから届け出(準備中)
   
(2)フリーマーケット参加者  
 ■参加資格: 本フリマ実施要項に同意する方
 ■参加料: 当日の入山料300円を本フリマ参加料とします。
 ■定員: なし 
 ■申し込み: 事前の申し込みは不要です。直接、里エリアにお越し下さい。

【問い合わせ】  
 sohmiyaseiyu+freemarket@gmail.com(担当: 宗宮誠祐)   

【その他】
・テントを使用したブース出店を希望するメーカーやショップなどの方は、スペース調整が必要ですので、お手数ですが上記の問い合わせ先に、2/28までにご連絡下さい。

IMG_6273.jpg 

最後まで読んで頂き、光栄です。写真はぼくのフリマのイメージです。あくまでイメージなんで、当日、同じとは限りません。笑。

  1. 2017/02/15(水) 11:00:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad