FC2ブログ
http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開拓時のチッピング その何が悪いのか? リトマス試験紙

昨日の続きです。 開拓時のチッピングについて、大別して、2派があると書きました。

A派
「フリークライミングはフリークライーマーに前進のための人工手段を禁じている。にもかかわらず、そういう悪い行為に及んだことやフリークライミングの思想を冒涜する態度が批判の対象だ」

B派
「行為や態度が悪いんじゃなくて、5.16になるはずの素晴らしい課題が5.14になってしまったという酷い結果が大問題で、悪い結果を発生させたことが批判の対象だ」

もちろん、A+B派というのもありますが、話を簡単にするために、A派とB派だけにしておきます。

自分がどちらかの流派はわかりましたでしようか?
ぇっ、よくわからなくなった、ですか?

その場合は、以下のケースを考えてみてください。
昨日のケース、5.16のはずを5.14にしてしまった、とは違うので、どっちの流派かで、対応が異なって来ると思いますから。
こういうのを、昔は、「リトマス試験紙」と言いましたが、今はもう死語ですかね、、、

事例2
フリークライマーYさんが着目した岩には中間部にブラングセクションがあった。
その後、その部分は自然のままだと100%人類にはフリーで登れないと科学的に証明された。
それを確認したYさんは、そのプランクセクションにホールドを貼付けて、5.16aの課題を作った。

速攻で「けしからん、絶対許さん」と思ったら、あなたはA派です。

一方、「うーん、うーん」と考え込んだり、「フリークライミングの原則違反だけど、例外的に許されるかもなあ」「5.16a、来週やってみようかなあ」という状況になったら、あなたはB派ということになりそうです。
  1. 2016/10/22(土) 08:31:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiyujinclimbing.blog2.fc2.com/tb.php/755-f54c8898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。