http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

笠置山・運否天賦(5.13c)覚え書き

2016.3.21に登った笠置山・運否天賦(5.13c)の解説です。
OSを狙う方は読まない方が良いと思います。

なお、3/21の出だしは、初登ラインとは異なり、1本目の左から、右上バンド帯に入りました。
念のため、明記しておきます。
また、3/11の一段落宣言の運否天賦については、後日にご報告予定です。 

IMG_4653.jpg

運否天賦は7パートからなります。

1 アペリティフ
 出だしのここはとても悩ましく難しいです。 いくつかの解決方法がありますが、初登はジャンプで解決とのことです。 身長によってはここが最難パートとなる可能性があります。 ぼくの3/21のトライは1本目の左からバンドに入りました。


2前菜
 右上バンド帯。易しい(5.8くらい)トラバースで、ノーハンドで休めます。

3メインデッシュ その1
 このパートは指先の力が必要です。シビアな立ちこみもあります。バランシーかつパワーが必要なパートです。1級とのことです。


4メインデッシュ その2
 ムーブ的核心部です。組み立てがとても面白い。 1級とのことです。

5メインデッシュ その3
 ここは、たくさんホールドがあり、多数のムーブが可能ですが、合理的なムーブを組み立てるのがポイントになります。2級とのことですが、ここまで来るとパンプしてるので、RP狙い時はここが核心となりました。


6デザート
ムーブさえ解明できれば、ここまでこれる人なら落ちません。

7食後のコーヒー
 5.9くらいです。 少しランナウトします。

なお、各パート間で、レスト(出だしの後のバンド帯のみノーハンドレスト。その他は、あくまで、それなりに)できます。

2014秋に、TRでバンド帯から上を登ってから、大学院への復学・卒業の間に、暇を見つけて何度もトライしました。
2015秋に、なんとか大学院を卒業し、リードを始めたのが2015冬。
かなり、かかってしまいましたが、ムーブの解析がとても面白く、幸せな日々でした。
そして、まだ、少し、先に進める気もしています。
確保してくれた皆さんに、御礼を申し上げます。

最後に、素晴らしい課題をつくって頂いた初登者の小山田大さんに、心から感謝と敬意を表したいと思います。
ありがとう御座いました。

極寒の中、文句を言いつつ、確保につきあってくれた相棒に感謝しつつ。
2016.3.24 本格的春を感じさせる瑞浪にて

宗宮誠祐拝
  1. 2016/03/24(木) 11:29:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiyujinclimbing.blog2.fc2.com/tb.php/724-2483c439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad