http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笠置山ルート講習 クラック&初ルート

昨日は、笠置山で、ルート講習をしました。
昨日は、半田のDioのホールド替えもあったので、TさんにTR確保の助っ人をお願いしました。



RPクライミングスクールでは、TR確保が確実にOKと認定した方に、ボランティアで助っ人をお願いしています。

対価は、こんな感じです。
講習中はTRで、希望のルートに取り付いてもらう。
講習後は、一緒に登って、ムーブ等アドバイス。

閑話休題

昨日の講習は、ルートが全く初めての方と、ボルトルートでは、既に自立しているけれど、クラックを登りたいのでナチュプロセットを勉強したいという方の2名でした。

ルートが全く初めての方には、TR確保、ゴボウ、ポンプアップ、リード確保、墜落の停止と、一通りを概説&体験してもらいました。
しかし、かなりの情報量なので、消化しきるには、一定の場数を踏む事が必要と思います。
命に関わる事なので、その意味を正確に理解した上で、身につけていただけるよう、がんばりたいと思います。

クラック希望の方には、クラッククライミング一般の概説とTR確保の上で、2本のルートをナチュラルプロテクションをセットしながらリード練習していただきました。


クラックは、ぼくの感覚では、ボルトルートに比べて、重大事故が多い気がします。
原因は、ナチュラルプロテクションが外れたり、適合サイズがなくてランナウトしたりしたことによるものです。
この特性を良く理解して、少しでも安全に、クラッククライミングの魅力を楽しんでいただければ、と思います。

いつの日か、笠置山レイバック横のボルト撤去がKCC(笠置山クライミングクラブ)の議題に登ることを夢見つつ。

  1. 2015/11/05(木) 12:22:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiyujinclimbing.blog2.fc2.com/tb.php/642-47a6cc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。