http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リードクライミングをはじめる方々へ クライミングジム自由人

今日は、リードクライミングの特性について、少し、書いてみようと思います。

フリークライミングは、多くの方がご存じのように、以下のスタイルに分類されます。つまり、
1、ボルダリング
2、ロープクライミング
(1)トップロープクライミング
(2)リードクライミング

ぼくは、クライミング講習を生業としています。しかし、仕事としては、トップロープクライミングとボルダリングのみしか教えていません。

もちろん、リードクライミングの講習は一切しないわけではありません。トップロープで確保した上で、もう一本のロープでリードの練習をしてもらうことはあります(以下、トップローブ付きリードクライミング講習と書きます。)

トップローブ付きリードクライミング講習の場合は、そのリスクはトップロープクライミングを上回ることはありません。なにしろ、一人がトップロープで確保し、もう一人がリードのビレイをしていて、さらに、確保者の横にはぼくがいて、逐一、指示をしているからです。

kasagi_ooiwa_boncourage.jpg

なぜ、リードクライミングの講習(トップロープなしの本当のリード)をしないのか?
それは、少なくともぼくは、リードクライミングの講習は、教える側のリスクが高すぎると判断しているからです。

リードクライミングはトップローブクライミングやボルダリングに比べて、遙かに高い死亡リスクが存在しています。加えて、リードクライミングの安全は、リードするクライマーと確保するクライマーの両者に、相当の技量を要求しますから、リードするクライマーの技量が一定以上ないと、確保者の技量が優れていても、リードするクライマーの生命と身体の安全を保証することは無理なのです。

以上から、ぼくは、リードクライミングの確保をするときは、クライミングスクールにおける講師と講習生という関係ではなく、あくまで、クライミングの仲間同士として、つまり、単なる一人のクライマーとして確保をしています。この場合、講習費が発生していないことはいうまでもありません。

ロープクライミングは、最近、復調の兆しがあります。
それ自体は、すばらしいことだと思います。
ロープクライミング好きのぼくとしても、すごく、すごく、うれしいです。

ただ、リードクライミングには、死の確率が、ボルダリングやトップロープクライミングとは比較にならないくらいの高い確率で、厳然と存在することだけは認識しておいていただきたい。
そう心から思っています。

ぼくは、複数回、リードして墜落した人の搬出をした経験があります。一度は心肺蘇生をしました(その方は助かりませんでした)。

あるビレイヤーはリード事故のショックでクライミングをやめました。

あるクライマーは告別式で、関係者から、あなたが止めてくれさえすれば、こんなことにはならなかった、と強く抗議されました。

これらの事故は一定以上のリード経験のあるクライマー同士で発生したものです。

以上より、ボルダリング、トップローブクライミング、トップローブ付きリードクライミングならともかくリードクライミングを初心者同士で開始することは、到底、ぼくにはオススメできません。リードクライミングは間違えながら上達することを許してはくれないのです。

リードクライミングは、必ず、一定以上のリード経験のあるクライマーに、現場で、キチンと教わるようにしてください。

師匠と仰いで弟子入りするための目安は、一般的なスポートルートであれば、少なくとも5.10以上を複数リードしていることが必要と思います。加えて、もし鳳来で登るのであれば、5.12以上を複数リードしていることが必要です。また、瑞浪や小川山でクラック(マルチピッチは除きます)を登るのであれば、5.10程度のショートルートをナチュラルプロテクションを適切にセットしながらリードできる技量が必要です。

以上、今のうちに、老婆心ならぬ、老爺心より、アドバイスしておこうと考えました。

  1. 2013/02/08(金) 09:49:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiyujinclimbing.blog2.fc2.com/tb.php/524-4c33b9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。