http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

名古屋郊外赤池駅近くのジム自由人の代表(ロックジム破天荒、ボンクラージュ、Dioも)blog

不動岩「青春バテバテルート」でバテバテ、笑

不動岩に4人で行ってきました。
ただ、今回は講習ではなく、プライベートクライミングです。

登ったのは、中津川労山作の「青春バテバテルート」(初登1980年代後半)です。
ボクたちは4ピッチに分けて登りました。

0.jpeg

具体的には、とりあえず、ボクがリードし、ボクのフォローワー(セカンド)は、プロテクションを回収せず、残置します。後続パーティは当該プロテクションを利用しリードというシステムです。理由は、何ヶ所か、ナチュラルプロテクションのセットが必要だったからです。

特に3ピッチ目は、三級程度ですが、プロテクションがとりにくかったです。加えて、ホールドが取れそうだったり、バカでかい浮石があったりして、ザ本チャンでした。

391384_346961368712011_1797637515_n_20120809114336.jpg


終了点は、不動岩右側の最上部でした。
終了点から懸垂下降するか、トップアウトするか迷いました。

少し下降してみましたが、一ピッチのラッペルでは取り付きまで降りられそうももありませんでした。
このメンバーで、未知の2ピッチ懸垂はリスキーと判断し、トップアウトを選択しました。
遊歩道まで薮をこぎ、遊歩道を歩いて取り付きに戻りました。

「青春バテバテルート」自体は大丈夫でしたが、核心は、駐車場から取り付きまでの1時間半のアプローチです。
オリンピック観戦の寝不足+アプローチで、バテバテです。

でも、マルチピッチクライミングは楽しいですね。興味のある方は、ぜひ、クライミングジム「自由人」かボンクラージュでボクに声をかけてください。一緒に登りましょう。

追記
下山後、確認した感じでは、アプローチの間違いやボルト老朽化により、正確に、「青春バテバテルート」をトレースすることはできなかったようです。
  1. 2012/08/09(木) 11:51:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiyujinclimbing.blog2.fc2.com/tb.php/441-71a2a32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad