FC2ブログ
http://help.fc2.com/ranking/manual/Home/touroku/settei.html

宗宮誠祐のblog

恵那のジムボンクラージュ(半田市Dioも)の代表blog

ジムを始めたいクライマーの方へ 自由人で相談実施中 相談費無料

有限会社レッドポイントを20年くらい前に設立しクライミングの事業を行なって生計を立ててきました。

しかし、会社の目的の「事業を行い、利益を出していくこと」の後半には、なんとなく、うしろめたいものを感じていました。

神聖なクライミングをビジネス、つまり、利潤追求の手段にしてしまうことへの抵抗感とでも言うのでしょうか...

しかし、そうは言っていられない状況がいくつも発生しているように感じられます。

例えば、

・一人のアウトドアクライマーとして最も信頼できるビックロックは閉鎖に追い込まれました。

・ぼくもクライミングジム自由人をクローズ後の6月からは、今のところ、愛知県の室内でルートクライミングを教える場所がありません。

・ルートクライミングをアウトドアで教える、ぼくのレッドポイントクライミングスクールも最近は閑散としています。

・そして、豊田の岩場では最近アクセス問題が頻発しています。

それで、これまで避け続けてきた「ビジネスとしてのクライミング」というテーマにも全力で取り組む必要があると強く感じています。

今月中はクライミングジム自由人で店番をしています。もし愛知県内でクライミングジムをはじめたいクライマーの方がいらっしゃるなら無料相談に応じますので、自由人HPを確認してぜひおいでください。

もちろんクラブジムではなくコマーシャルジムをはじめたい方も大歓迎です。

有限会社レッドポイント
宗宮誠祐


  1. 2019/03/08(金) 10:30:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海地方にもっとクラブジムを

ニュージーランドにボードをしに通ってクラブスキー場という存在を知った。

コマーシャルスキー場は、スキー場とお客様をきっちり分離しサービスを提供する側と提供されたサービスにお金を払う側に分かれているのに対し、クラブスキー場は、スキー場とお客様という区別が明確ではなく、みんなで運営するスキー場だった。

1993年にはじめたロックジム破天荒のコンセプトとぴったりだった。それで、クラブスキー場がとても気に入った。

48982050_2082181441847492_8908274462718164992_n.jpg


クラブジム普及せず

それ以来、フルサービスのコマーシャルジムではなくセルフサービスのクラブジムを旗印にやってきた。例えば、クラブ員が自分で解錠・施錠して利用する自主利用はクラブジム思想の典型的な現れだ。

クラブジムの旗を掲げて四半世紀。残念ながらこの思想は東海地方には全く普及しなかった。自主利用システムがあるジムは、今ではぼくが関与したジムだけだ。そして、どこも経営状況はパッとしない。破天荒はずっと赤字だったし、自由人はノー天気なぼくでもさすがに閉鎖を決めるくらいの大赤字になった。

日本では、エアコンのない質素なジムのニーズがないのだろうか?

見栄えのしない手こねホールドはダサいのか?

ブルーシートでくるんだマットはありえないのか?

自分で工夫することはせず、課題はいつまでたってもヒナ鳥のように親鳥から与えられるもの。
そんな考えで大丈夫なのか?

一本の課題も作らず、誰かの作った課題をただ登るだけで満足なのか、クライマーなのに?

疑問は尽きないが、このままクラブジムが絶滅危惧種化するのは不本意だし、これこそが昔から夢描いてきた理想的なクラブジムだ、というクラブジムを達成できないまま業界から消え去るのはやはり悔しい。

同志を募りクラブジムを増やしたい

クラブジムを模索する路は困難で多くの失敗を重ねてきたが、それらの苦い経験を糧に、同志を発掘して少しでも理想に近いクラブジムを東海地方で増やしていけたらいいなと思う。

ぼくが思い描く理想的なジムとは:
・より困難な課題を自分で見つけ、その課題をなるべく自分の力で解決する。
・基本的にはアウトドアで活動しボルダーとルートの両方と格闘する。
・再登より初登が好き。
・アクセス問題やクライミング倫理問題には積極的に関与する
そういったクライマー達が自主的に運営するアウトドアクライミングのベースキャンプたり得るジムだ。

クラブジム立上げノウハウに興味のある方は自由人へどうぞ

そんなわけで、6月はじめのクライミングジム自由人閉鎖までは壁をすこしづつ縮小しながら店番をしているから、壁を作るのもDIYするクラブジムに興味のある人は自由人HPでスケジュールを確認し、訪ねてみてもらえればと思う。
https://jiyujin.jimdo.com/

クラブジムはコマーシャルジムに比べれば驚くような低価格でスタートすることが可能だ(eg.ロックジム破天荒は仲間が持ち寄った200万円に満たない額で始まった)。ぼくの学んだ法的な知識もきっと役立つだろう。

最後にひとつ。岩場がどんどん失われ、課題があちこちで削られても、SNSで怒りや悲しみの心情は吐露するものの、実効性のある行動を実際に自分で起こすクライマーをあまり見かけないのは、フルサービスの至れり尽くせりに慣れてしまい、誰かがなんとかしてくれると感じてしまうからだろうか?
  1. 2019/03/06(水) 08:51:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自主利用システム 1日500円でいつでも登れます

クライミングジム自由人は500円/日で自主利用できます。

自主利用は、ご自分で解錠と施錠をしていただくシステムですので、自主利用オリエンテーションを店番のいる日に受けていただく必要があります。

店番のいる日は自由人のHPでご確認ください。

オリエンテーション代は500円必要です。つまり
初回に500円でオリエンテーションを受ければ
いつでも500円でご利用いただけます。

よろしくお願い申し上げます。
48982050_2082181441847492_8908274462718164992_n.jpg
  1. 2019/02/20(水) 12:31:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライミングジム自由人閉鎖のお知らせ


このたび、クライミングジム自由人を閉鎖することにしました。
閉鎖日は2019.5.31前後を予定しています。

実際の閉鎖が約3ヶ月後なのは「やめます」と管理会社さんに伝えてからも3ヶ月は家賃を支払う契約になっているからです。そのため、本日の閉鎖告知と実際の閉鎖日には3ヶ月の差が発生します。

というわけで、実際に壁を外し出すのは4月からですし、自由人の利用そのものも5月中頃まで可能です。

unnamed-4.jpg


そこで、最後の3ヶ月、ぼくの理想のジムにしてしまおうと思います。本当は入り口にカギはかけず、ロックジム破天荒時代のように、料金は空き缶に各自が投げ込むという無人野菜販売所方式にしたいのですが、今の時代はちょっと無理っぽい。そこで以下のようにしようと思います。

・自主利用システムはもちろん継続します。1日500円でどうでしょうか? 
・岩雪、CJ、ロクスノなどのバックナンバーも販売します。
・さよならイベントも何かしてみようと思います。クライミングと法律の講義などいかがでしょう笑。
・ルートクライミング講習も5月連休までは余裕で可能です。

という次第ですので、自由人最後の日々、どうかよろしくお願いします。
ぼくも、閉鎖まで自由人でリハビリして、劣化したクライミングの調子を取り戻したいと思っています。

unnamed-3.jpg


5月までの利用詳細は今週中にはアップいたします。

約9年間、クライミングジム自由人のご利用ありがとうございました!!
幾重にも感謝申し上げます。


2019.2.14
クライミングジム自由人代表・宗宮誠祐拝

追記
おススメはまったくできませんけど、万一、自由人を引き継いでやってみたいという方がいらっしゃいましたら今月中にご連絡くださいませ。
  1. 2019/02/14(木) 23:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始のご利用について

2018年末-2019年始のご利用について

1.12/29-1/6店番はいませんので初めての方はご利用できません。他方、リピーターの方は自主利用できます。

2.利用したい方はライングループに書き込むか、宗宮までメッセージをください。自由人の開け方等をお教えます。
 sohmiyaseiyu@gmail.com

3.自由人を開けたら記帳し利用料等は黄色缶へ入れてください。お釣りが必要なら空き缶からもっていってください。

48982050_2082181441847492_8908274462718164992_n.jpg


4. 必ずお二人以上でご利用ください。初めての方の同伴OKです。初めての人を同伴したら、初回登録用紙への記入、記帳、オリエンテーションをお願いいたします。

5.灯油はない場合もありますので、防寒対策をしっかりしてからおいでください。灯油募金は随時募集しています。

6.灯油募金箱にお金があったら、そのお金で灯油を買って、ストーブに給油して使っていただいてかまいません。

7.ご帰宅時は、ストーブと電気を消し、施錠をお願いいたします。

ザックリ言いますと、野菜や本の無人販売所と同じ方式です。よろしくお願いいたします。

良いクライミングを!
  1. 2018/08/10(金) 09:57:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ